HOME > TOP直下 > ●今週の数学入試問題のダメ解答の解きなおし疑問点のお問い合わせやご注文などは、admin@K-Kyogoku.comへお願いします。ただし、恐れ入りますが、■御注文・お問い合わせの手順にしたがってお願い致しします。

今週の数学入試問題のダメ解答の解きなおし

このコーナーでは、某予備校サイトなど、ネット上の解答があまりに雑で、これでは絶対、受験生は理解できない、といった問題の解答を書き直してご紹介しています。


[C]中心とx切片が一致する円と対数関数の交点座標の極限の問題(2009年阪大理系5)
どのサイトの解答もわかりにくく、もっともわかりやすい解答を用意しました。一般論として「聖文新社」の解説がいいですね。

[C]単位ベクトルを使う三角形の問題(2009年阪大理系4)20191010
どのサイトの解答もわかりにくく、もっともわかりやすい解答を用意しました。一般論として「聖文新社」の解説がいいですね。

[C]いびつなサイコロによる平面上の移動の問題(2009年阪大文系3)20191008
反復試行確率問題の事象の数が3つの場合、この種の問題は実は「同じものを含む順列」の問題であって、計算式が変わる事情が、どのサイトでも不思議に共通して、明記されていません。

[C]平面三角形に関するベクトル問題(2009年阪大文系2)
どのサイトの解答も、天下り的で、受験生にはわかりにくい解答でした。この問題には標準的な解法はないと思います。

[B]3次関数の2つの接線が直交する条件の問題(2009年阪大文系1)20191008
どのサイトの解答も、最後の詰めが不明瞭で、受験生にはわかりにくい解答でした。

[C]立方体の頂点を移動する2つの点の確率の問題(2010年阪大理系5)
どのサイトの解答も、点Pと点Qの位置関係が不明確で、漸化式計算も、標準的ではない方法で解いていて、受験生にはわかりにくい解答でした。

[B]球を球で削った立体の体積の問題(2010年阪大理系4)191006
どのサイトの答えも、わざわざ難しく書いて難しく解いているので腹が立ちます。本問は、同大でいつも出てくる程度のやさしい問題です。2015年の問題の逆のパターンです。

[B]楕円と双曲線の交点における接線がy軸を切る線分の長さの問題(2010年阪大理系2)191003
某サイトでは、わざわざ微分して接線を求めていましたが、こういう時のために2次関数の接線方程式の公式があります。

[E]三角不等式などを利用して3次関数の形を決定する問題(2011年阪大理4)
元々の問題が、入試には不適切な、奇異な難問なのですが、それでも余りに天下り的な解答ばかりだったので、取り上げておきます。

[C]1個のサイコロをn回投げる確率の問題(2000年一橋大5)190927
事象に名前をあえて付けないで、答案を早く書く解答に挑戦しました。

[C]三角錐の体積の最大値を求める問題(2001年一橋大3)190919
某サイトの解答の数式が非常にわかりにくかったので、複数の解法を用意しました。

[C]硬貨が減りゆくゲームがn回以上続く確率の問題(2002年一橋大5)190911
別解の連立確率漸化式による解法では未定係数法が必須です。本問の某サイトにおける解説は、今まで見た中で最もひどいものでした。

[C]3で割り切れる自然数nの3乗・n乗+1を求める問題(2003年一橋大1)19/09/07
どこの解答にも載っていないのですが、べき乗に関する合同式の性質を使うと、もっと簡単に解くことができます。

[C]n回目のゲームで初めてAとBが4勝以上になる確率の問題(2005年一橋大5)
某予備校の解答があまりにいい加減で解きなおしました。予備校の解答は、信用してはいけません。時間の無駄です。

[B]3次方程式の異なる整数解を列挙する問題(2005年一橋大1)19/09/04
やはり文系問題のネット上の解答には問題が多いようです。本問は、場合を絞った後は試せばいいだけで、無駄に難しい解答が多く、閉口しました。

[C]ピタゴラス数を求める問題(2006年一橋大1) 19/09/03
ネット上の解答を見たら、ほとんどが間違っていたので、正しい解答を紹介します。解法は数多く考えられますが、もっとも解きやすい方法を紹介します。

[B]3次関数の区間を指定した最大値の問題(2007年一橋大4) 19/09/02
要領の悪い解答しか見当たらなかったので、本問はあまり難しい問題ではありませんが紹介します。Max[ , ]の記号を使えば、最初から結論を記述できます。

[C]数列係数の放物線の図形問題(2007年一橋大2)19/09/01
指数型と特性方程式型の融合問題で、定数を消去し、階差数列を解く問題です。未定係数法を使っても解けます。文系問題の解説は、思いのほか雑なようです。

[C]6枚の赤いカードを含む2n枚のカードの確率の問題(2008年一橋大5)19/08/31
そう難しい問題ではないのですが、解説不足があまりに気になって取り上げました。

[E]カードを選んで座標上を移動する確率の問題(2009年一橋大5)19/08/30
ネット上や赤本の解答の中に、ただの1つもわかりやすい解答がない問題を、また発見しました。しかしあまりに難問過ぎて、後日再度解きなおそうかと考えています。

[C]2つの円と共有点を持つ放物線の頂点が存在領域の問題(2009年一橋大3)
ネット上や赤本の解答の中に、ただの1つもわかりやすい解答がない問題を、また発見しました。小生の方が神経質すぎるのかと疑いを持つほどです。

[B]直線と放物線の交点と複素数解の問題(2000年京大理2)
某サイトで解答が非常にわかりにくいものを見つけたので、わかりやすい解答を用意しました。

[C]n個の実数に関する不等式の証明問題(2001年京大文4)19/8/20
他のどのサイトの解説も、わかりにくく、解答を思いつくヒントが皆無だったので、完全に書きなおしました。

[C]2つの数の和の桁数の問題(2019年東京理科大/理工/情報12)19/8/10
某予備校の解説を、わかりやすく完全に書きなおしました。

[C]積分不等式を利用する極限値の問題(2019年東京理科大/理工/情報3)
19/08/10
某予備校の解説を、わかりやすく完全に書きなおしました。

[D]平均値の定理を満たす変数の位置の極限の問題(2019年日本医科大2)
19/08/03
模試筆者が受験しても満点は取れそうもない難問なのですが、各予備校の解答はあまりにひどい!どうやったらその解答を思いつくのかが、まったく書かれていませんでした。